こんにちは。
今日は久々に、いやもしかしたらかもしれませんが、近況報告です。
近況報告という名の小ドヤです。

実は私、去る10/19に基本情報技術者試験という資格試験を受験しておりまして、その合格発表がありました。
気になる結果は・・・?

どきどき・・

どきどき・・・・

合格!!
まぁ小ドヤとかなんとか言ってたので結果は言うまでもなかったでしょう。
というか私の頭脳を持ってすれば始めから落ちる訳がなかったのですが。
(とかいいつつも合格発表まで書かなかった所に微妙に自信の無さが現れていたりしますね、反省)

基本情報技術者試験って?

ここからは軽く合格体験談的なものを書いて行きましょう。
引き続きドヤ注意報は発令しております。
まずはそもそも基本情報技術者試験とは何ぞや、というところから。
基本情報技術者試験とは、一言で言ってしまえばシステムエンジニアになるための登竜門的な資格の試験です。
いや登竜門と言うよりは最初の関門、といったところでしょうか。
とにかく世の中のシステムエンジニアと呼ばれる人たちはほぼみんなこの資格を持っている、そんな感じの資格ですね。
そしてこの資格には、実は兄弟がいるのです。
基本情報技術者試験、というネーミングから推測できるでしょうが、応用情報技術者試験というものも存在します。
彼は基本なんちゃらのお兄ちゃんに当たる存在ですね。
私も次はとりあえず応用なんちゃらの合格を目指します。
それよりさらにレベルの高い試験もあるのですが、そこから先は分野ごとに細分化しているので必要に応じて取得して行くものということになります。
そしてこれらのシリーズの総称を、情報処理技術者試験といいます。

今回私が受けた基本なんちゃらですが、合格率25%前後というそこそこ難しい試験です。
テキストは大体1冊500ページくらい、これを全部暗記しておけば解けない問題はほぼないでしょう。
どうです?難しそうですか??

しかしこの試験、しっかり勉強すれば誰だって合格できるものなのです。
というのも、問題のほとんどが単語の意味を問う、暗記問題なのです。
しかも4択
さらに、合格ラインはたったの6割
しかもこの6割という合格ラインは見かけ上のラインです。
実は、4択問題100問で6割を取るためには、確実に解かなければならない問題は50問以下でよいのです
この理屈がわかりますか?
わからない低学歴な方たちの為にもう少し説明しましょう。
例えば「50問は確実に正解がわかったけど残りの50問は見当もつかなかった」という人がいたとしましょう。
このとき本人の感覚としては落ちた感がすごいと思いますが、実は冷静に考えたら合格している可能性が高いのです。
何故なら彼が見当もつかなかった50問のうち、12〜13問は適当にマークしておけば正解できる可能性が高いからです。
ちなみに4択問題50問に全くランダムに答えて10問以上正解する確率83.6%もあります。
つまり「50問は確実に正解がわかったけど残りの50問は見当もつかなかった」という人は6回中5回は合格できるという計算になります。
ね?簡単でしょ?

勉強法も簡単!

この試験、勉強法もとっても簡単です。
それは「過去問を解く」だけ。
実はこの試験、問題のほとんどが過去問とそっくりなのです。
一通りテキストを斜め読みしたら、後はひたすら過去問を解けばOKです。
てか一通りテキストを読んだら大抵の資格試験は合格できると思いますけどね。

と言っても世の中には私と違って一度読んだ本の内容を全て暗記できない人間がいるということはわかっています。
そんな方のためにオススメ教材を紹介しておきましょう。

こちらの本です。
これは今年度版ですが、内容は毎年似たようなもんなので、今後受ける方も早めにこれを買っちゃえば大丈夫です。
この本、内容の分かりやすさは普通です。
まぁ他と比べたりはしていないのでなんとも言えませんが、多分普通だと思います。
この本の優れているところは、付属のCD-ROMに入っている問題演習ソフトにあります。
IMG_2078
こんなの。
このソフトには過去11回分の試験問題が入っており、それを順番に解いたり、ランダムに解いたり、ジャンルごとに解いたりすることができます。
そしてその結果を記録し、苦手ジャンルを見つけてくれるのです。
これがこのソフトの最も優秀なところ。
その苦手ジャンルの問題のみを重点的に解いたりテキストに戻って復習したりすれば、非常に効率よく点数をのばす事が出来るわけです。


どうですか?なんかバカでも合格できる気がしてきませんか??
とはいえ合格率は25%程度の試験です。
気を抜かずにしっかり勉強して試験に臨みましょう!