ついに買ってしまいました、長年欲しかったdyson!
いろいろある中、私はdc62モーターヘッドを選びました。
吸引力の変わらないただ一つの掃除機ということで、早速使ってみました!
記事後半では掃除機選びに役立つ情報もありますよ。
IMG_1917

こんにちは、東コン管理人のとむです。
以前から欲しい欲しい(でも高い...)とTwitterの裏アカウントで呟いていたdysonの掃除機が、ついに我が家に登場しました!
正確には同じく欲しがっていた母親を唆して購入に踏み切る手助けをしただけな訳ですが、その辺は私がほぼカスニート同様の生活を送っていることからも用意に想像できることでしょう。 

凄いですね、ダイソン。
まず何が凄いって、「ダイソン買った」って言うだけで「あ、掃除機買ったんだな」ってわかるところですね。
"play nintendo"が海外でゲーム機で遊ぶ、って意味になっているような感じでしょうか。
調べたところ、dyson社は他にも扇風機・ファンヒーター・ペットグルーミングツール・ドライヤーなんかも売っているようです。
商品は全部空気の流れ関係。
『風を司る者、ダイソン』といったところでしょうか、中二心をくすぐります。


というわけで早速開封の儀を執り行いたいと思います。
IMG_1918
はい、こんな感じに箱の中にパーツがびっしり詰め込まれています。
写真右側のシリンダーがいっぱいついてる感じのやつが本体で、その横の白い冊子が攻略本です。
そしてその下には家中のいろんな場所を掃除するのに適したノズルが入っているのです。
私が購入した商品はdyson digital slim DC62モーターヘッド(通常版)です。

あれ?amazonの方が私が買った店より安いやん…
この通常版には普通に掃除するときに使うモーターヘッドと長くするための管
モーターヘッド
布団掃除なんかにも使えちゃう、小回りの効くミニモーターヘッド
ミニモーターヘッド
そして机の上とかもっと細かいところをちょこちょこ掃除するコンビネーションブラシ
コンビネーションブラシ
あとはさらにさらに細かい溝なんかを掃除する、よくある細いやーつ
skitch.png 
なんかが付いています。

dyson掃除機の選び方

さて、ここからは今後掃除機を買う可能性のある方必見のお役立ちパートです。
いざ「掃除機を買おう、なんとなくdysonがいいのかな?」ってなっても迷ってしまいますね。
そう、dysonの掃除機と言ってもいろいろあるのです。
毎年のように新モデルが出たり、同じ品でも付属品の異なるパッケージがあったり。

そんな疑問に経験者の私がドヤ顔でお答えしましょう!
掃除機なんていらないよ!という人や掃除なんてしたことないよ!と言う人は読み飛ばしてください。
まずdyson掃除機は大きく分けて3種類のシリーズがあります。
キャニスター型(ヨコ型)、デジタルスリム(コードレス)、コードレスハンディの3種ですね。
私が選んだDC62モーターヘッドは、デジタルスリム型の商品です。 
そして実はこのデジタルスリムコードレスハンディ、付属品が違うだけの全く同じ商品なのです!
コードレスハンディの商品には先ほど紹介した、立って使うための床用パーツが付いておらず、代わりにハンディ用床パーツが付いています。
ですので
ハンディが欲しいけど立っても使うかもという人 → デジタルスリム
ちょこちょこしか使わないから余分なものはいらないという人 → コードレスハンディ

を選ぶと良いでしょう。
そして
家のメイン掃除機として使いたいという人 → キャニスター型
ということですね。 
でもやっぱり何を買うか迷っちゃう!という人はとりあえず最も汎用性の高いデジタルスリムを選べば良いと思います。
私もそんな感じで選びました。 

そしてそんなデジタルスリムにもいくつか種類があります。
とりあえず現在候補に挙がるのは次の3種ではないかと思います。
最新のDC74、私が買ったDC62、ちょっと古いDC45
そしてここでまた注意ですが、DC74DC62は実はモーターヘッドに改良が加えられた以外は全く全く同じ商品なのです。
こうゆうパターン多いですね。
このヘッドの改良点は前方のゴミが吸い込みやすくなったという点です。
以前のモーターヘッドでは前方にあるゴミ(ペットのトイレ砂とか)をヘッドが弾いてしまい、いちいち持ち上げたりしないとうまく吸い込めなかったのですが、それが改善されたようです。
ということで
つぶつぶゴミを吸い取りたい方 → DC74
細かいゴミが吸い取れれば十分な方 → DC62
を選べば良いでしょう。
それ以前のDC45などは本体のトリガー(吸い込みたいときに引くやつ)が重いらしく、吸引力も劣るので、あまりオススメできません。

さて長くなって来ましたが、次で最後です!
同じ型番の掃除機(ここではDC62で話を進めます)でも、セット内容が異なるいくつかのパッケージがあります。
これが通常版プロフェッショナルコンプリートエントリーです。
プロフェッショナルコンプリートはそれぞれ異なる追加パーツが付け加えられたセットで、エントリーはハンディ用モーターヘッドが省かれてちょっと安くなったモデルです。
ちなみにパーツはバラ売りもしており、バラで買いそろえた場合にお得度が最も高くなるセットはプロフェッショナルのようです。 
ですがここでは迷ったらとりあえず通常版を買っておけばいいと思います。
なぜならハンディ用モーターヘッドは割と使うし、逆にその他のパーツは必要だと感じたら欲しい物だけ買い足せば十分だからです。 

そんなわけでdyson掃除機選び方のまとめ
・私も購入したdyson digital slim DC62 モーターヘッド(通常版)最強

近々このDC62の吸引力の実験を行い、その結果を報告してみたいと思います!


ところで、突然ですが今までこの辺に乗ってた【次回予告】ですが、辞めます。
というか、気が向いたときだけ書くことにします。
今回の内容も予告をガン無視してるし。
新企画の方は現在執筆中!

それではまた! 

【11/10 追記】
DC62の動作試験を行いました。
せっかく買ったdyson掃除機の吸引力を実験してみた